頭皮は顔面の皮ふとつながっていて、額まではスカルプ…

頭皮は顔面の皮ふとつながっていて、額まではスカルプと等しいものだとみなすのはさほど知られていません。老化に従ってスカルプが弛み始めると、その下にある顔の弛みの誘因となります。

正常なお肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間毎のサイクルになっており、1日毎に細胞が誕生し、常時剥がれているのです。このような「毎日の生まれ変わり」のおかげで私たちの皮ふは若々しい状態を保ち続けています。

何れにせよ乾燥肌が普段の生活や周辺環境に大きく起因しているというのなら、日々の些細な身辺の慣習に配慮するだけでほとんどのお肌の問題は解消するのではないでしょうか。

全身のリンパ管と並行するように進んでいる血の流動が悪くなると、必要な栄養や酸素がうまく移送されず、最終的には不要な脂肪を増量させる大きな因子のひとつになります。

レチノイン酸療法は、頑固なシミを数週間単位で目立たなくするのにかなり適した治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・にきびなどに高い効果があります。

尚且つ、お肌のたるみに大きく結びついているのが表情筋。これはいろんな表情を作る顔にある筋肉のことです。肌の真皮に存在するコラーゲンと同様、表情筋の機能も年齢にともなって鈍化してしまうのです。

美白(ホワイトニング)という美容法は95年から99年頃にかけて美容家の鈴木その子が必要性を説いてブームにまでなったが、もっと前からメラニン色素の増加によるトラブル対策に対し採用されていた。

日本皮膚科学会の判定指標は、①激しい痒み、②特徴のある皮疹とその広がり方、③慢性的に反復する経過、3つすべてに該当する病気を「アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)」と称している。

明治末、異国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介し、これらを総称する言葉のひとつとして、美容がけわいの代替えとして使用されるようになったのだ。

たくさん汗をかいて体の中の水分量が減ると自動的に尿量が減らされて代わりに体温調節に欠かせない汗用の水分が蓄えられるために、この蓄積分の水分が残った状態こそが実は浮腫みの原因になっています。

早寝早起きと並行して7日間であたり2、3回自分が楽しいと感じることをすれば、心と体の健康度合いは上昇するのです。こんな場合もあるので、アトピー性皮膚炎にお悩みの患者さんは皮膚科を受診してみてください。

美容悩みを解決するには、最初は自分の内臓の調子を調査してみることが、ゴールへの近道だといえます。それなら、一体どんな手段を用いれば自分の臓器の状態を調査できるのでしょうか。

美容外科(Cosmetic Surgery)というものは、身体の機能上の欠損や変形を矯正するよりも、専ら美的感覚に従ってヒトの体の見た目のレベルアップに取り組むという医学の一つで、完全に独立している標榜科だ。

なんとかしてキレイに見せたいとの一心で自己流のフェイシャルマッサージをしてしまう人もいますが、こと目の下は敏感で弱いので、雑に擦るように力を入れるだけの乱暴なフェイシャルマッサージは悪影響をもたらします。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、様々な身体機能に損傷を被ってしまった人のリハビリテーションと同じく、外見に損傷を負ってしまった人がもう一度社会生活を送るために身につける技という意味が込められているのです。