老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは要らな…

老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは要らなくなった老廃物や脂肪が滞留することで悪化します。リンパ液の移動が遅くなると不要な老廃物が蓄積し、むくみが出たり、余分な脂肪が蓄積されやすくなり、たるみの主因になります。

気になる下まぶたのたるみを改善・解消する方法で効果的なのは、顔のストレッチ体操でしょう。顔にある表情筋は気付かない間に硬直していたり、その時々の精神状態に関係している場合がよくあるのです。

輝かしい歯を保つために、奥歯の裏側まで入念に磨くことを大切に。クリーミィな泡立ちの歯磨き粉と毛先の口当たりがソフトな歯ブラシを用いて、ゆっくりとケアをするようにしましょう。

基礎化粧品による老化ケア「老け顔」脱出キャンペーン!自分の肌の性質をちゃんと知って、あなたに合う基礎化粧品を選択し、的確にお手入れして「老け顔」から抜け出しましょう。

乾燥による痒みの誘因の殆どは、年齢を重ねることによる角質細胞間脂質と皮脂の量の衰えや、洗顔料などの頻繁な洗浄による肌のバリヤー機能の消失によって現れます。

アイカラーなどのアイメイクを落とすときにきれいに落としたくてゴシゴシとこするようにして洗った場合、お肌が傷ついたり酷い場合は炎症を起こしたりして色素沈着し、目の下のクマの元凶となります。

ドライスキンの原因である角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の衰えは、アトピー性皮膚炎患者などの遺伝子によるものと、逃れようのない年齢やスキンケアコスメや洗浄料による後天的要素によるものが存在します。

残業、飲み会、深夜に至るスポーツ観戦・次の日のお弁当や食事の支度…。お肌が荒れてしまうということは承知していても、実際は長時間の睡眠を取れない人が多いようです。

特に夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムで、お肌の生まれ変わりがより促進される時間帯です。この時にベッドに入ることが最も有効なスキンケアの手段だと考えています。

現代を生きている私達は、毎日体内に溜まっていく深刻な毒を、古今東西のデトックス法を試して体外へ追い出し、なんとしてでも健康な体を手中に収めようと尽力している。

さらに日々の暮らしのストレスで、心にも毒素は山のように積み重なり、身体の不具合も引き寄せてしまう。この「心身ともに毒まみれ」という意識こそが、多くの現代人をデトックスへと駆り立てるのだ。

レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、頑固なシミを短期間で薄い色に和らげるのにことのほか役立つ治療法で、老人性色素斑(老人性しみ)・炎症後色素沈着(PIH)・女性ホルモンと関わりがある肝斑(かんぱん)・しつこいにきびなどに効果的です。

日本の医療全体がQOL(生活の質)を重視する流れにあり、製造業に代表される日本経済の発展と医療市場の急速な拡大もあって、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)はここ数年熱い視線を浴びている医療分野のひとつである。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)には、様々な身体機能に損傷をこうむった人のリハビリテーションと同じく、顔や体の外観に損傷を被ってしまった人がもう一度社会に踏み出すために修得するノウハウという側面があります。

美容外科(plastic surgery)は、由緒正しき外科学の中の一分野であり、医療に主軸を据えている形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは別のものだ。加えて、整形外科とも間違われることがよくあるがこれとは全く異なる分野のものである。