皮ふの若さを作るターンオーバー、即ち皮膚を生まれ変…

皮ふの若さを作るターンオーバー、即ち皮膚を生まれ変わらせることができる時間帯は一部に限定されており、それは夜中寝ている間しかないのです。

日本皮膚科学会の判断指標は、①酷い掻痒感、②固有の発疹とその配置、③慢性で反復性もある経過、3つ全部合っている病気をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と呼んでいる。

メイクアップの欠点:崩れないように化粧直ししなくちゃいけない。クレンジングして素顔に戻った時に毎度訪れる落胆。化粧品にかかるお金が嵩む。ノーメイクでは外に出られないある種の強迫観念。

メイクアップのデメリット:肌への刺激。毎日の化粧が面倒くさくて仕方がない。メイク用品の費用が嵩む。皮膚が荒れる。お直しや化粧をするので時間の無駄遣いだということ。

メイクアップでは傷などを隠すことにとらわれず、メイクを通じて最終的に患者さん本人が自らの容貌を受け入れて、復職など社会復帰を果たすこと、そしてQOL(クオリティーオブライフ)を向上させることが理想です。

デトックスというワードはさほど目新しくはないが、結局のところ代替医療や健康法の一種として考えており、医師による治療行為とは違うということを分かっている人はことのほか多くないのである。

「デトックス」術にリスクや問題は無いと言えるのだろうか。第一、体の中に蓄積してしまう「毒物」というのは一体どんな物質で、その「毒」は果たしてデトックスで流せるのか?

女性誌や美容の書籍には、小顔になって肌がきれいになり、痩せるし、デトックス効果がある、免疫力の増進などなど、リンパを流してしまえば何もかもOK!というフレーズが踊っている。

「デトックス」法に危険性やトラブルはないと言えるのだろうか。だいたい、体に溜まっていく毒素というのはどんな物質で、その「毒」とやらは「デトックス」の力で体外へ排出できるのだろうか?

頭皮の手入は別名スカルプケアとも名付けられています。スカルプは毛髪の悩みの種である脱毛や薄毛などにとても密接に関係すると同時に、フェイスラインのたるみにも影響を及ぼしています。

多くの女性に親しまれているピーリングとは、古くなった不要な角質層をピール(peel:剥くの意味)した結果、新しくてダメージのない角質に入れ替え、ターンオーバーを促す外からの美容法です。

日本人が「デトックス」にのめりこむ最も大きな理由は、私たちが暮らす環境の悪化だ。大気や土壌は化学物質で汚され、穀類や野菜などの食物には化学肥料や危険な農薬が多く含まれていると実しやかに囁かれている。

現代社会で生活しているにあたっては、体内には人体に悪い影響を与えるケミカルな物質が溜まり、加えて己の体の中でも活性酸素が生まれていると言い伝えられているようだ。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー症状と関係しているものの中でも特に皮ふの激しい炎症(掻痒感など)を認めるものであり皮ふ過敏症のひとつなのだ。

下まぶたに弛みがある場合、みんな実年齢よりずっと年上に見えます。たるみは数多くありますが、中でもことさら目の下は目立つエリアです。