日本皮膚科学会の判別基準は、①強いかゆみ、②固有の…

日本皮膚科学会の判別基準は、①強いかゆみ、②固有の発疹とその広がり、③反復する慢性的な経過、3つとも該当する疾患を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と称している。

ドライスキンというものは、肌の角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂分泌の量が通常の値よりも縮小することで、皮膚にある潤いが失われ、肌の表面がカサカサになる状態を示しているのです。

形成外科や整形外科とは異なり美容外科が健康体に外科的施術を付け加えるという容貌重視の医療行為だとはいえ、結局は安全への意識が充分ではなかったことが一つの大きな素因なのだ。

審美歯科は、美に主眼を置いた総合的な歯科医療のひとつ。歯の務める役目には物を噛み潰すなど機能的な側面と、審美的な側面があるが、どちらも健康という目で見ればとても大切な要素なのだ。

皮ふの乾燥の因子の一つである角質細胞間脂質と皮脂の量の低落は、アトピー患者のように先天的な要素によるものと、年齢や基礎化粧品などによる後天的な要素にちなんだものに大別できます。

リハビリメイクという言葉には、身体に損傷を被ってしまった人のリハビリと同様、外見に損傷を被った人がもう一度社会生活を送るために備えるテクニックという意味が込められています。

唇の両端、すなわち口角が下がっていると、お肌のたるみはじわじわと目立つようになっていきます。にこやかに口角を持ち上げた笑顔になれば、弛み防止にもなるし、見た目の印象も素敵だと思います。

内臓の元気の度合いを数値化できる特殊な機械があります。『ノイロメーター』という名称の医療機器で、自律神経のコンディションを調べて、内臓の具合が分かるという応用範囲の広いものです。

スキンケア化粧品による老化対策「老け顔」脱出大作戦を敢行!自分自身の肌質をきちんと見極めて、自分らしいスキンケアコスメを選択し、的確に手入して「老け顔」から脱却しましょう。

スキンケア化粧品によるエイジング対策をして「老け顔」にさよなら!自分の肌の性質をきちんと知って、自分に合うスキンケア化粧品を選択し、丁寧に手入して「老け顔」から抜け出しましょう。

肌のターンオーバーが狂ってしまうと、様々な肌のエイジング現象やトラブルが出現します。老けて見えるしわ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、言い始めたらキリがないほど大変です。

お肌の新陳代謝が狂ってしまうと、様々な肌の老化現象や肌トラブルが起こるようになります。シワ・濃くなっていくシミ・顔色の冴えないくすみ・隈・たるみ・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、言い始めればキリがありません。

頭皮のお手入れの主だった役目は髪の毛を健康に維持することだといえます。髪の水分が失われてまとまらなかったり抜け毛が気になり始めるなど、多くの人が髪の毛のトラブルを抱えているのです。

健康的で美しい歯を保持するには、歯を一つ一つ入念にみがくことが大切。クリーミィな泡立ちの歯ミガキ粉と毛先の口当たりが優しい電動歯ブラシなどを用いて、ゆっくりケアをすることが理想的です。

アトピーという言葉は「限定されていない場所」という意味を持つアトポスというギリシャの言語を語源としており、「何かしらの遺伝的素因を持った人のみに発症する即時型のアレルギーに基づく病気」を表すものとして名付けられた。