日本の医療全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)…

日本の医療全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)重視の傾向にあり、製造業に代表される経済の成長と医療市場の大幅な拡大により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)はここ最近注目を集めている医療分野だということは間違いない。

アトピーという言葉は「場所が特定されていない」という意味を持つ「アトポス」と言うギリシャ語が由来で、「何らかの遺伝的素因を持つ人だけに発症する即時型アレルギーに基づいた病気」を対象として名付けられた。

患者は一人一人肌の性質は違いますし、先天的な要素によるドライスキンなのか、そうではなくて後天性のものによるドライスキンなのかに応じて処置の仕方が変わりますので、細心の注意が必要なのです。

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、頑固な濃色のシミを素早く目立たなくするのに大変役立つ治療法で、原因不明の老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・肝斑(かんぱん)・にきびなどに最適です。

どちらにせよ乾燥肌が普段の日常生活や身辺の環境に大きく関係しているのならば、毎日の些細な日課に注意するだけで幾分か乾燥肌の悩みは解決するのです。

下まぶたにたるみが生まれると、誰しもが年齢より4~5歳は老けて見えることでしょう。たるみは多くありますが、中でも下まぶたは最も目につくところです。

20~30代に出来る難治性の“大人ニキビ”の社会人が徐々に多くなっている。10年もの間このような大人のニキビに苦痛を感じ続けている患者さんが専門の医院にやってきている。

整形外科とは異なって美容外科が欠損などのない健康な身体に外科的処置を加えるという美意識重視の行為であるとはいえ、リスク管理や安全性の確立が不十分だったことが大きな原因と言えよう。

形成外科とは異なり美容外科が欠損や損壊のない健康な身体に外科的な施術を行う美容のための行為であるにも関わらず、結局は安全性の確立が万全ではなかったことが一つの大きな原因だと言われている。

メイクアップのメリット:メイク後は自分の顔がちょっとだけ好きになれること。顔に無数にある面皰跡・くすみ・毛穴の開き・ソバカス・傷跡等を隠せる。だんだんとキレイになっていくというドキドキ感。

メイクのメリット:自分の顔立ちを少し好きになれる。顔にたくさん点在するニキビ跡・黄ぐすみ・毛穴の開き・ソバカス・ひっかき傷を上手に隠せる。日を追うごとに綺麗になっていくという高揚感。

現代社会に暮らす私達には、ヒトの体内には体に悪影響を及ぼすというケミカルな物質が蓄積され、加えて自身の体の中でも細胞を傷つける活性酸素などが次々と生産されていると言われているらしい。

スカルプのお手入れの主な役割は健やかな毛髪を保つことです。頭髪の水分が失われてまとまりにくくなったり抜け毛が増加し始めるなど、多数の方が髪のトラブルを持っているようです。

頬ほっぺたやフェイスラインの弛みは実年齢より老けて見られる主因に。お肌の弾力や表情筋の老化がたるみへと繋がりますが、それだけではなく普段からおこなっている何気ない癖も誘因に。

ドライスキンとは、皮ふの角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常よりも低減することで、肌(表皮)から潤いが蒸発し、皮ふがカサカサに乾く症状を言い表しています。