メイクの長所:新製品が発売された時の喜び。素肌との…

メイクの長所:新製品が発売された時の喜び。素肌とのギャップにはまる。いろんなコスメに資金を費やすことでストレスを発散できる。メイクをすることそのものの知識欲。

デトックスというワード自体は既に浸透しているが、これはあくまで「代替医療」や「健康法」のひとつだと捉えており、医師が施す治療行為とはまったく違うということを把握している人は意外と多くないらしい。

美容外科とは、ヒトの体の機能上の欠損や変形を修正するよりも、もっぱら美意識に従って人の身体の容姿の向上を目指すという医学の一種であり、独自の標榜科目のひとつだ。

美容外科(cosmetic surgery)は、いわゆる外科学の一種で、医療目的の形成外科学(plastic surgery)とは別のものだ。更に、整形外科学とも間違われがちだが全然異分野のものだ。

明治の終わり頃、洋行帰りの女たちが、洋風の髪、洋風の格好、洋式に使う化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介したことから、これらを言い表す単語として、美容がけわいの後釜として使用されるようになったと言われている。

現代社会に暮らす我らには、人の体内には体に良くない影響を与える化学物質が蓄えられ、更には自身の体の中でも細胞を傷つけるフリーラジカルなどが次々と発生していると言われている。

顔などのたるみは不要な老廃物や余った脂肪が集まることで進行します。リンパの循環が停滞すると色々な老廃物が溜まり、むくみが出たり、脂肪が溜まり、たるみに繋がります。

「デトックス」術には問題点やリスクはないと言えるのだろうか。そもそも身体の中に溜まってしまう「毒物」とはどのようなもので、その毒素は「デトックス」によって体外へ排出されるのか?

美容悩みを解消するには、まず最初に自分の臓器の具合を把握することが、より良くなるための近道になります。ここで知りたいのが、一体どんな方法を使えば自分の臓器の具合を調査できるのでしょうか。

全般的には慢性に移るが、正確な処置によって疾患が治められた状況に保つことができれば、自然治癒もあり得る疾患なので諦めてはいけない。

さらに毎日のストレスで、心にまでも毒素はどんどん蓄積され、身体の不調も引き起こしてしまう。「心も体も毒だらけ」というような意識こそが、多くの人々をデトックスへと駆り立てる。

身体に歪みが起こると、臓器がお互いを圧迫し合うので、その他の内臓も引っ張り合ってしまった結果、位置異常、臓器の変形、血液に細胞の組織液、ホルモンの分泌などにも望ましくない影響を与えるのです。

ネイルケアは、手足の爪や指先を手入れすること。ヘルスケア、美容、皮膚科の医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といった色々なシーンで活躍しており、既にネイルケアは確立された分野となっているのは自明の理である。

加齢印象を強くする重大な因子のひとつが、歯に蓄積したクスミです。歯の表側には、目には見えない凹凸があり、日常の暮らしの中で茶色っぽい着色やタバコの脂などの汚れが付きやすくなります。

アトピーは「不特定な場所」という意味のアトポス(ギリシャ語)が語源で、「遺伝的な素因を保有した人だけに出現する即時型のアレルギーによる病気」として名前が付けられた。