デトックス法は、栄養補助食品の飲用及び岩盤浴で、こ…

デトックス法は、栄養補助食品の飲用及び岩盤浴で、このような人体の有害な成分をできるだけ体外へ排出してしまおうとする方法のひとつのことだ。

メイクの短所:ランチタイムにはメイク直しをする必要にせまられる。メイクを落として素顔に戻った時の落胆。メイク用品にかかるお金がかさむ。メイクしてからでないと外に出られない強迫観念に近い呪縛。

皮膚のターンオーバーが狂いがちになると、様々な肌の老化現象やトラブルが出現します。ほうれい線などのシワ・濃くなっていくシミ・顔色の冴えないくすみ・隈・たるみ・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、書きだしてみたらキリがないくらい大変なことになります。

顔色を良く見せたいとの一心からフェイシャルマッサージしてしまう方もいますが、こと目の下の皮膚は薄くて弱いので、こするように強く圧力を与えるだけの粗っぽいマッサージは適しません。

ネイルケアというのは爪をより健康的な状態に保つことを目標に掲げている為、ネイルの違和感を把握しておく事はネイルケア技術の向上に必ず役立ち無駄がない。

現代社会に生きるにあたって、人間の体内には体に悪い影響をもたらす化学物質が取り込まれ、その上に私たちの体内でも老化を促すフリーラジカルなどが次々と生成されていると報じられている。

「アトピー」とは「場所が限定されていない」という意味のギリシャ語の「アトポス」が由来で、「何かしらの遺伝的因子を保有した人に見られる即時型のアレルギーに基づいた病気」の事を指して名前が付けられたと言われている。

爪の生成される様子は樹木の年輪のように刻まれるという存在であることから、その時に健康面で問題がなかったかどうかが爪に出やすく、毛髪と等しく視界に入って判断しやすいため健康のバロメーターとも言われる。

審美歯科(aesthetic dentistry)とは、美を重視した総合的な歯科医療。歯の役割には機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、どちらも健康面ではとても重要な要素だと考えることができる。

身体中に分布しているリンパ管と並行するように流れる血の動きが悪くなると、重要な栄養や酸素が隅々まで運ばれにくくなり、結果的には脂肪を増やす大きな因子のひとつになります。

アイラインやマスカラなどのアイメイクを落とすときにしっかり落とさなければと力任せにゴシゴシクレンジングするとお肌が傷ついたり発赤などの炎症を起こして色素沈着を招き、目のくまの元凶となります。

ドライ肌は、皮膚に含まれる角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の量が正常値よりも減衰することで、お肌(皮膚)から水分がなくなり、お肌がカサカサに乾燥してしまう症状を言い表しています。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、体に損傷を被ってしまった人のリハビリと同じく、顔や体の外見にダメージを受けた人が再出発するために学習する手技という意味が込められているのです。

掻痒等が出るアトピー性皮膚炎の要因としては、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等における細菌叢(フローラ)、2.遺伝的因子、3.栄養面での素因、4.生活環境、5.1から4以外の考え方などが現在は主流だ。

美白(びはく)という言葉は1990年代の終わり頃に美容研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が必要性を説いてブームになったのは記憶に新しいが、それよりももっと前からメラニン増加が原因の様々な皮ふトラブル対策に対し採用されていたようだ。